オンラインカジノは違法?それとも合法なの?

オンラインカジノを始めたいと思ったら、気になるのが法律問題です。

日本では法律で賭博が禁止されているため、オンラインカジノも違法なのでは?思う人も多いかと思います。

利用してみたいけど違法じゃないのか?って思いながらもだったらもうオンラインカジノが利用できないように規制されているだろうしと考えたりしますよね。

違法なのか?それとも合法なのか?ということで考えてしまい利用したくても不安で利用出来ないという人も多いはずです。

そこでまずは最初に結論から言うと違法でも合法でもありません。

違法でも合法でもないためよくオンラインカジノは“グレーゾーン”という表現をしているところがありますが、これもちょっと違和感を覚えます。

色で例えるのであれば限りなく白に近いグレーと言えるのでオフホワイトと言った表現が良いと思います。

違法でも合法でもないと聞くと混乱してしまうかもしれませんが、理由についてはここから詳しく説明していきたいと思います。

オンラインカジノと法律の関係については必ず理解して上で利用することをオススメします。

オンラインカジノと法律

オンラインカジノについてまずは知っておかないといけません。

オンラインカジノがどうった仕組みで運営されているのかを把握しましょう。

運営会社はライセンス制度を所有

オンラインカジノは誰もが簡単に運営できると言うものではありません。

オンラインカジノは申請をしないと運営をしてはいけませんし、ただ申請をすれば簡単に認可されるものでもないのです。

国や政府から審査され厳しい基準をクリアした所のみライセンスを発行されて運営をすることが許されます。

その後も厳しく監査されて不正がないかどうかをチェックされます。

世界中に利用者がいるのも厳しい審査をクリアしたからこそ利用できるのです。

またライセンスの所有者は上場企業だったり世界的な大企業が運営をしているところもあるので、企業としての信頼性はとても高いと言えます。

ライセンスの取得難易度などもありますが、特にライセンスの取得難易度が高いところは安心できます。

必ずオンラインカジノのホームページの表示されています。

大体は下に記載されているので利用する前にライセンスを所有しているかどうかの確認をしましょう。

ライセンスについて詳しく知りたい方はこちら

運営国の法律を守っている

そもそもオンラインカジノを運営をしているということはカジノを運営をしてもいいと認められた国で運営をされています。

その上で厳しいライセンスを取得して運営を行っています。

日本でカジノ場を開いたら違法かもしれませんが、海外ではカジノ場が合法として開催されていたり、国や政府が許可しているので問題ありません。

これと同じようにインターネットの法律では基本的に運営国のルールに則って法律が適用されるので日本でもオンラインカジノを利用しても問題ない認識の人が多いです。

また違法なのか合法なのかで判断をするとオンラインカジノ自体を取り締まる法律がまだありません。

法律がないためグレーゾーンという表現を言う人が多いのです。

まず確認をして欲しいのがオンラインカジノはカジノを運営をしても問題ない合法として認められた国で運営をしており、そして厳しいライセンス制度を設けた上で運営されていると言うこと。

そして今現在はオンラインカジノ自体の法律がないためグレーゾーンとされているという表現になっていると言うことを理解して欲しいです。

ただ当サイトでは合法と言っても良いほどの白に近い「オフホワイト」と認識しています。

その理由は過去に逮捕された事件が大きく関わってくるので説明をしていきます。

過去に逮捕された事件について

先ほど限りなく合法に近いと言いましたが、過去にオンラインカジノにおいて逮捕された事件があります。

『逮捕されたんだったら違法じゃん!』って思うかもしれませんが、それぞれ説明をしていきます。

運営会社が逮捕された事件

運営会社が逮捕された事件ですが、こちらは本社はオンラインカジノを運営しても良いと認められた国に本社を置いてあったのですが“実質的に活動をしていたのが日本”だったために逮捕されてしまいました。

形だけ本社を海外に置いてあったとしても日本をメインに活動していた場合、実質的に日本で運営をしていると見なされてしまう為逮捕となってしまいました。

理由を聞くと逮捕されても仕方がない部分もあるかもしれませんね。

しかし、これはその運営会社が悪いだけであり、オンラインカジノ自体が悪いという判断ではありません。

プレイヤーが逮捕された事件(不起訴)

多くのプレイヤーの方が気になるのはこちらの“プレイヤーが逮捕された事件”です。

こちらも最初に結論から言うと略式起訴と不起訴(無罪)になりました。

略式起訴とは
簡単に言うと長引く裁判などをせずに、自ら罪を認めて罰金を支払うことです。

最初に逮捕と聞くとやはり多くの人が違法なのではないか?って思ってしまいますよね。

しかし、逮捕されたプレイヤーは裁判などの面倒なことをしたくないと言うことで自ら罪を認める略式起訴としたのです。

また、一人の逮捕されたプレイヤーが不服として裁判として争う姿勢を見せました。

するとすぐに検察側は起訴を取り下げて不起訴(無罪)としたのです。

なぜ起訴を取り下げたのかというと現状では取り締まる法律が無いですし、実質的に他の国・領や島などの政府が認めて一流企業が運営をしているサービスを利用していただけです。

つまり裁判になったら検察側は勝てないと考えて不起訴(無罪)としたのです。

ではなぜ警察側は逮捕をしたのかというとこれは憶測ですが、やはりその界隈で逮捕されたと言うことが流れ、そのことが一人歩きしますよね。

そのため勝手に違法なのではないか?と思い利用者が減るだろうと考えたのです。

しかし、まさか裁判になるとは思わなかったため不起訴としたのです。

この事件によってまたオンラインカジノのプレイヤーは一気に戻りました。

というのも日本の裁判というのは慣例をかなり重視します。そのため一旦不起訴となったものを再び取り上げ様とは思いません。

ましてや現状では法律が無いのであれば尚更ですよね。

そのため今後しばらくは法律が無い以上は取り締まられませんし、不起訴と言う前例が出ている以上は安心して利用できますし、そもそも他の国が認めたものを日本で運営していないものに対して違法と定めるのは他の国側からしてみれば面白くないことですし、法律が定まっていない以上はまず逮捕されることはないと考えます。

ただし、法律が今後制定されるかどうかはわかりません。その時になってみないと分かりません。

とはいえ、今すぐにどうにかなると言うものではないので安心してください。

まとめ

オンラインカジノが違法なのか合法なのかという点ですが、今現状オンラインカジノを取り締まる法律が無い以上は合法です。

違法というのはこれはしてはいけない!と法律で定められて初めて違法という扱いになるわけですから合法と言っても良いとは思います。オンラインカジノに関する法律が出来るのであればまた状況が変わってきますが、今後法律が出来るのかどうかもわかりません。

ましてや今後日本でもカジノが出来るのにも関わらず、オンラインカジノは違法というのは他の国からしてみれば納得できないし、あまり考えづらいと思います。

逮捕された人も不起訴(無罪)となっている以上は安心して利用できると言えますので安心して利用できると言って良いと考えます。

今後、状況がもしかしたら変わるかもしれませんが、そうなった場合は利用するのを止めれば良いだけです。

とはいえSNSやブログなどでオンラインカジノの収支報告をしたり目立った行動をしないようにしましょう。

普通にプレイするようにしまそう。

おすすめの記事