ドリームキャッチャーのルールと進め方

ドリームキャッチャー(dream catcher)とは、名前自体は聞いたことがないという人が多いかもしれませんが、ゲームのシステムは日本でも有名なカジノゲームです。

仕組みとしては大きな円形のパネルに区画され分けられているところに数字が配置されています。

大きな円形のパネルを回転させてどの数字に止まるかを予想するだけのシンプルなゲームです。

ドリームキャッチャーは様々な名称で呼ばれていて「マネーホイール」「ホイールオブフォーチュン」などとも言われていますが、基本的にルールはどれも同じです。

日本でもバラエティ番組などでも広く見られているので名前は分からなくてもルールを聞けばすぐに理解できると思います。

マネーホイールの特徴やルール・ゲームの進め方について紹介します。

ドリームキャッチャーの特徴

マネーホイールの円形の盤面(ホイール)は一般的に54の区画に分けれています。

区画には「1」「2」「5」「10」「20」「40」の数字が記されています。

ゲームによっては52の区画に分かれているものもあり、360度を均等に54(52)区分されており、それぞれに数字と見分けがつきやすいように同時に色分けがされています。

この数字が「配当」となってそのまま返ってきて「1」に止まれば、ベット金額に「1」追加された金額、2倍の配当を得ることができるということになります。

「2」の場合はベット金額に「2」追加された3倍の数字で配当を得ることが出来ます。

プレイヤーはいつでも自由に参加することが出来て、純粋にディーラーがパネルを回して止まるところを予想するだけの運任せで単純なプレイですので、誰でもすぐに始めることが出来ますし、プレイヤー同士やディーラー同士のゲームに疲れた時の一休みとしてプレイしてもいいでしょう。

基本的にどの区画に当たるのかを当てるだけですので難しいルールが必要がなく誰もがすぐに始められます。

ドリームキャッチャーのルール

ドリームキャッチャーはディーラーが大きい円形のパネルを回してどの数字に入るのかを当てるゲームです。

配当の低い「1」が盤面上に最も多く配置され、配当の多い「20」「40」と配当が大きくなればなるほど少なく配置されます。

また、カラーにベットのできるマネーホイールもあり、6色に均等に分けられていて、どの色に賭けても配当は同じ5倍となります。

青色に止まると思ったら青色にベットして当たれば配当が5倍となって返ってきます。

また色のないスポットに当たった場合はカジノ側の勝利となります。

区画ごとに分けられた数字や色がどこに止まるのかを予想し、止まると予想した数字や色に止まれば配当を受け取れるシンプルなルールです。

複数の区画(数字や色)にベットしても大丈夫で、色と数字それぞれベットしても

数字を予想するだけのゲームということで誰もがすぐに始めることが出来ます。

ゲームの進め方

ゲームの進め方としてはまず最初に席に着いたらどの区画(色・数字)に当てるのかをプレイヤーがチップを置いて予想します。

ある程度チップを置いたらディーラーが大きなパネルを回し始めます。

徐々に回転が収まっていき、止まった時に頂上の矢印が示す色、もしくは数字に当たっていれば配当が貰えて、負ければ置いたチップは没収となります。

ゲームも次々と始まっていくので是非ともプレイしてみましょう。

まとめ

ドリームキャッチャーは名前は知らなくても日本である程度、バラエティー番組でお目にかかることがあるカジノゲームで馴染みはあると思います。

難しいルールなどは一切無いため、老若男女問わず誰もがすぐに始めることが出来、完全に運要素が強いため平等です。

オンラインカジノのライブカジノで勝負に疲れてしまった時や一休みしたい時などにドリームキャッチャーをプレイしてみてもいいのではないでしょうか?

おすすめの記事