オアシスポーカーのルールや進め方

オアシスポーカーとは、プレイヤー(自分)とディーラー(親)1対1の勝負で、配られた5枚(1回のみチェンジ可能)で、手役が高い方が勝ちとなる、カードゲームです。

日本における“ポーカー”と言えばこのオアシスポーカーをイメージする人が多いかもしれません。

ランドカジノでもプレイできるところもありますし、オンラインカジノでもプレイできるところがあります。

オアシスポーカーのルールや進め方について説明していきます。

オアシスポーカーの特徴

ゲーム・ルールは日本でトランプゲームとして定着しているルールと変わりません。

テキサスホールデムポーカーなどは多少ルールが違ったりするため、手が出せないという人でもオアシスポーカーであれば利用できると言う人も多いです。

プレイヤー同士の戦いではなく、ディーラーとの対戦形式であり、ディーラーに配られるカードは1枚オープンになっているというのが特徴です。

※使用するカードは、ジョーカーを除く52枚。(Aが1番強く、2が1番弱いです。)

カードを引く際の枚数によってコストが発生するのが特徴です。

オアシスポーカーのルール

オアシスポーカーは最初に配られたカード5枚で手役(ハンド)が悪かったら交換することが出来ます。

ディーラーは、「A」と「K」の両方を1枚以上持ってる場合のみ、必ず勝負することになります。

カードチェンジをすることでより高い手役を狙うことが出来るわけです。

交換する枚数に制限がないため、場合によっていいカードが配られなかった場合は、思い切って5枚すべてをチェンジするということも可能です。

ただし、オアシスポーカーの場合、カードをドロー(交換)する枚数によってコストがかかります。

勝っても負けてもコストとして没収されてしまうことに注意して下さい。

ドローしたいカードを裏返しにして、ドローコスト(DRAWCOST)と書かれたボックスに必要なチップを置きます。

オンラインカジノの場合、サポートしてくれるのでどれだけチップを置く必要があるのかも自動で行ってくれるので初めてプレイする人も安心です。

カードのドロー(交換)にかかるコストは以下のとおりです。

  • 1枚交換:アンティと同額
  • 2枚交換:アンティの2倍
  • 3枚交換:アンティの3倍
  • 4枚交換:アンティの2倍
  • 5枚交換:アンティと同額

 

また、オアシスポーカーにはフォールド(降参)が用意されていて、ドローするコストをかけるよりも潔くこの場を流すという選択肢も出来ます。

ゲームの進め方

まず最初に席に着いたらベッド額を決めてアンティ(最初のベット)と書かれた枠線にチップを置きます。

オアシスポーカーの場合、ドローに対してコストが発生するため、ドローコストも踏まえてミニマムベット額を計算してテーブルを選ぶようにしましょう。

アンティにチップを置いたらカードが5枚配られ、ディーラーは1枚だけ表向きに置かれます。

自分のカードを変更したいと思ったら好きな枚数を交換することが出来ますが、枚数に応じてコストがかかるということは頭に入れておきましょう。

1度だけ交換したら、後はディーラーとの勝負になります。

ディーラーは、AとKの両方を1枚以上持ってる場合のみハイカードでも勝負をすることになります。

勝負して勝った場合は、「アンティの2倍とコール×手役の倍数分」が支払われます。

 

例、アンティが2$なら、4$。コール4$で、ツーペア(2倍)なら8$。合計12$受け取り。

 

■各コールへのベッド額に対する配当は以下のとおりです。

手役(ハンド)名 配当
ロイヤルストレートフラッシュ 1:100
ストレートフラッシュ 1:50
フォーオブカインド(フォーカード) 1:20
フルハウス 1:7
フラッシュ 1:5
ストレート 1:4
スリーオブカインド(スリーカード) 1:3
ツーペア 1:2
ワンペア・AKハイカード 1:1

※引き分けの場合はプッシュと呼び、全額払い戻されます。

オアシスポーカーの役(ハンド)

オアシスポーカーの手札の役について説明します。

手札の強さは上から順となっていて揃えるのが難しくなっています。

 

【ロイヤルストレートフラッシュ】・・・同じマークの「A、K、Q、J、10」の揃った最強ハンド

【ストレートフラッシュ】・・・同じマークでかつ連続した数字の5枚カードを揃える。
例:クローバーの「1・2・3・4・5」を揃える

【フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)】・・・4枚が同じ数字を揃える。
例:「4」を四つ揃える

【フラッシュ】・・・数字の並びを気にせずに同じ柄のカードを5枚揃える。
例:ダイヤの「1・2・6・9・Q」

【ストレート】・・・連続した5枚の数字を揃える。
例:「3・4・5・6・7」

【フルハウス】・・・同じ数字3枚とワンペアの組み合わせを揃える。
例:「J・J・J」と「3・3」

【スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)】・・・3枚が同じ数字を揃える。
例:「2・2・2」

【ツーペア】・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせを揃える。
例:「5・5」と「7・7」

【ワンペア】・・・同じ数字のペアが1つ揃える。
例:「6・6」

【AKハイカード】・・・ノーペアだった場合に、強いカードから順番に比較して、高い方が勝ちとなる。
※ただし、ディーラーには「A」と「K」が必ずあるので、これ以上の役を揃えていることが必須。

最初は役を覚える必要がありますが、基本的なポーカーの手役と同じです。

まとめ

オアシスポーカーは日本で馴染みのあるポーカーに非常に似ているのではないでしょうか?

明確に違う理由としてチェンジする際の枚数に応じてコストが発生するという点です。

コストが発生するため、基本的にはチェンジしないで勝負をしていったほうがいいです。

配られたカードによってはそのままサレンダー(負け)として場を流すというのも戦略と言えるでしょう。

通常のポーカーに加えてコストが発生するということでより一層戦略性が増し、面白くなるポーカーと言えるのでぜひともプレイしてみましょう。

おすすめの記事