スリーカードポーカーのルールや進め方

ポーカーと言えば基本的に「テキサスホールデムポーカー」が有名です。

テキサスホールデムポーカーの場合、プレイヤー同士の心理戦がとても重要で、時にはハッタリなどのブラフを使ってお互いの強さを駆け引きしていくものです。

そのため、ある程度の経験が必要ですし、ゲームの段取りも覚えておかなくてはいけません。

しかし、スリーカードポーカーは基本的に3枚のカードを使ってできる役の強さで勝ち負けを決めます。

また、プレイヤー同士の戦いではなく、ディーラーとの戦いでカードもチェンジする必要もなく最初に配られたカードでの勝負となるため運要素が強いと言えます。

スリーカード ポーカーのルールや進め方について説明します。

スリーカードポーカーの特徴

スリーカードポーカーと言えば基本的なルールはカリビアンスタッドポーカーと同じで、最初に配られたカードでのみ勝負を行うのですが、3枚のカードで行うということで、より手役(ハンド)が作りやすいという特徴があります。

使用するカードはジョーカーを覗く52枚で「A」が強く「2」が一番弱い。

ディーラーは手役(ハンド)がない状態でも、手札にQ以上のカードを持ってる場合は、必ず勝負します。

これは強制であり、自分がノーペアでも勝てる可能性有るためです。

スリーカードポーカーの場合、手役が揃わなかったハイカードの場合であっても強いカードから順番に比較して高いほうが勝ちです。

「Q」以上の「Q・K・A」の場合は勝てる可能性があるのもスリーカードポーカーの特徴です。

また、「Q」以上のカードがない状態で、手役が揃っていない場合はディーラーは必ず勝負を降ります。

ハイカードでも手札に「Q・K・A」がある場合は思い切って勝負をしてみてもいいでしょう。

スリーカードポーカーのルール

スリーカードのルールとして、まず、アンティ(ANTE)と書かれたボックス(枠線)に、賭けたい額のチップを置きます。ディーラーとの勝負に勝ったら2倍の配当を受け取ることが出来ます。

また、アンティとは別にペアプラス(PAIR PLUS)にも賭けることもできます。

ペアプラスというのはこれはワンペア以上の役を作った時に配当が支払われるシステムで、手役の難易度によって配当が支払われる仕組みです。

ペアプラスのシステムを使う事で、自分に強い手役が出来たのにも関わらず、ディーラーが降りたことでアンティ分の2倍しか貰えないという事態を防ぐことが出来ます。
※ペアプラスのみに賭けることはカジノによっては禁止している所もあります。

獲得する条件は以下のとおり(配当はカジノにより若干異なる)

  • ワンペア(2倍)
  • フラッシュ(5倍)
  • ストレート(6倍)
  • スリー・オブ・ア・カインド(31倍)
    ※日本「スリーカード」ですが、海外では通じないのでランドカジノで遊ぶ際は要注意
  • ストレートフラッシュ(41倍)

 

また、スリーカードポーカーでは、フラッシュよりもストレートが強くなったり、スリーオブカインドがストレートよりも上だったりと手役の強さが変わるので注意して下さい。

スリーカードポーカーの役(ハンド)

スリーカードポーカーの役について紹介します。

通常のポーカーと役の強さが変わるので注意して下さい。

【ストレートフラッシュ】・・・同じマークでなおかつ連続した数字の3枚カード。例:クローバーの「1・2・3」など。

【スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)】・・・同じ数字を3枚揃える。例:「J・J・J」など。

【ストレート】・・・連続した3枚の数字を揃える。例:「6・7・8」など。

【フラッシュ】・・・数字の並びを気にせずに同じ柄のカードを3枚揃える。例:ダイヤの「1・9・Q」など。

【ペア】・・・同じ数字のペアを1つ揃える。例:「6・6」など。

【ハイカード】・・・手役が無い場合に、強いカードから順番に比較して、高い方が勝つ。スリーカードポーカーの場合「Q」以上が手札にあれば、ディーラーと勝負して勝てる可能性があります。

6Card Bonus(シックスカードボーナス)とは

スリーカードポーカーはカジノによっては「6Card Bonus(シックスカードボーナス)」が設定されている所もあります。

6Card Bonusというのは最初にプレイヤー側に配られた3枚のカードとディーラーに配られた3枚のカードの計6枚のうち、5枚を使って一定の役が出来ていれば配当が貰えるというものです。

ペアプラスと同様にディーラーとの勝負に負けてしまったとしても配当が貰えます。

ただし、6Card Bonusのみにベッドすることは出来ません。

手役(ハンド) 配当 確率 手役の例
ロイヤルストレートフラッシュ 1000:1 0.0009% ♦の「10・J・Q・K・A」
ストレートフラッシュ 200:1 0.0081% ♥の「2・3・4・5・6」
フォーオブカインド 100:1 0.072% 「6・6・6・6」
フルハウス 20:1 0.8153% 「2・2」と「3・3・3」
フラッシュ 15:1 1.0108% ♣の「2・5・8・10・J」
ストレート 10:1 1,7763% 「4・5・6・7・8」
スリーオブカインド 7:1 3.5963% 「7・7・7」
ハイカード(役なし) 92.7202%

 

5枚を使用するだけあってかなりの配当倍率ではあります。

とはいえ、確率で見るとかなり少なく、あまり「6Card Bonus」を置くプレイヤーは少ないです。

気分転換などの流れを変えたり、気持ちに余裕があるために置いてみてもいいかもしれません。

ゲームの進め方

スリーカードポーカーのゲームの進め方について説明します。

オンラインカジノで空いている部屋(テーブル)があった場合いつでも自由に座って勝負が可能で、止めたければ自由に退席可能です。

席についたら最初にアンティ(ANTE)と書かれたボックスに賭けたい金額を置きます。それぞれの部屋(テーブル)によって最低ベット数が違います。

スリーカードポーカーの場合、ペアプラス、6Card Bonusにも同時に賭けることが出来ます。(ペアプラスや6Card Bonusだけのベットは出来ない場合もある)

賭け終わるとディーラーから三枚のカードが配られます。

自分のカードを確認して勝負する場合はPLAYと書かれたボックスにアンティと同額のチップを置きます。

降りる場合は、ディーラーへカードを返し、チップは全て没収されます。

ディーラーは手札にQ以上のカードを持ってる場合、必ず勝負を行います。

勝負して勝った場合は、「プレイ×2倍」と、「アンティ×手役の倍数分」「6Card Bonus分の配当」が支払われます。

オンラインカジノの場合、配当などの計算は自動で行ってくれます。

まとめ

スリーカードポーカーは日本ではほとんど知られていないですが、非常にシンプルなルールで配られたカードのみでの勝負となります。

違いとしては通常5枚の手役を揃える必要があるポーカーが3枚になったということと、手役の強さが通常のポーカーが違うということや、ペアプラス(PAIR PLUS)と6Card Bonus(シックスカードボーナス)にもベットすることが出来るという違いがありますが、そこまでルールが難しくないので気軽に勝負を楽しめます。

難しい配当計算などもオンラインカジノでは自動で行ってくれるので興味がある人はスリーカードポーカーで勝負をしてみましょう。

おすすめの記事